Through the kaleidscope

プログラミングとかシステム開発とか諸々の思考場所

組織を変えるということ

現職、アジャイルやろうぜーとか経営の人たちは言っているんだけど、正直そのメリットが分からない。

アジャイルが疑問なのではなくて、なぜ導入するかという背景がよく分からない。目的がわからないのに手段だけこうしようと言われても、意味が無い。それは導入したのに目的を達成しないのなら意味が無いからだ。なにか成果を出すそのための手段であり、導入した成果は何か、目指したい成果は何か、が分からないと、さあアジャイルやりましょうと言われても、( ´_ゝ`)フーンとしか思えない。

現場サイドからするとアジャイルやってみたい欲があるので歓迎なのではあるが、そもそも今のリソース配分やら顧客との契約などが今のままであるなら、アジャイルを入れてもあまり解決はならないと思うわけで。

解決ってのは、自分が考える「経営陣がアジャイルを推進したいわけ」ってのが想像できて、それはきっと開発効率をあげて利益率をよくすることなんだろうなと思っているわけ。

でもさ、アジャイルってのは顧客への価値を最大限提供するってのがその導入価値であって、利益をあげたいからやるってものではないはずなんだよね。これ言うと会社って利益上げようとするのが当たり前だろって同僚に言われたんだけど、会社のビジョンに売上目標とか書いてなかったし。顧客への価値提供を目指すとか言ってたし。(若干難癖)

利益率を最大限よくしたいなら、それこそ安価な労働力を派遣して利ざやで稼げばよくね?って思う。もちろんそんな会社は何の魅力もないわけだけど、じゃあ受託で利益率上げたけりゃまずは込ディディ化から脱するために社内のいろんなことに「投資」する必要があると自分が考えるんだ。

つまり一時的に利益率は下がることになるね。そりゃ投資だもん。すぐには回収はできないよ。ただ将来的に投資額を回収できるような組織にすることが目的じゃないの?わざわざアジャイルって言うのなら。付加価値をつけたプロダクト、サービスを受託で提供するってのがこの先生きのこる道だもんね。

しかし、現実は人月商売からまったく抜け切れておらず、それでいてリソース配分もぐちゃぐちゃだから現場は疲弊するばかりだ。現場で自己組織化する動きをはじめているけれど、疲弊した中で変えていくのって相当大変だよね。

アジャイルを導入する前に組織を変える必要があるわけなんだけど、組織って現場だけじゃない。経営陣も含めて組織である。自分に求められているのは要は経営陣も含めて変えて欲しいということなのかねえ?そういう観点のことを指摘するとどうもはぐらかされている感じしかしないので、変化を起こすというのは難しいことなのだなと実感する。

ちなみに自分はギアスのスザクのように中から変えてやる!みたいなことはある程度理想郷の話だと思っていて、そんなとこに固執するくらいなら別のとこに行ったほうがよくね?という合理主義な人間なのです。